生地が出来るまで
Flow

亀田縞は糸繰り・整経〜検品までを自社の工場で一貫して行っています。
人の手と目により検品体制を敷いており、高い技術で、高品質な織物を提供致します。

1.糸繰り

糸をスムーズに整経できるようにする為、「枠」という道具に(糸繰り)巻きつけます。

2.整経

製織とは、経(たて)糸と緯(よこ)糸を一定の組織に従って交差させて、所要の布を織り上げていくことです。

3.綾通し

順番に並んだ経糸を綜絖に通す作業。
技術者が手作業で行っていきます。

4.織り/機結び

コンピュータ制御で高速に織られていきます。途中で1本でも糸が切れた場合は機械が止まり、職人が機結びを行い再開させます。

5.検反

織りあがった生地を検反している様子です。
綿ボコや織キズをチェックして、修正をかけて完成です。

6.糸入れ

織キズがあった場合、職人が手作業で修正します。


  • Before

  • After

7.完成

出来上がった生地はこちら